アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

香落渓の四日間 20年11月23日

山行期間 2020年11月
メンバー HND MGC DTe 会員外
山行地域 名張香落渓
山行スタイル トラッドクライミング


今月は、近くて遠かった名張のクラックに初めておじゃましました。

1日目 屏風岩 (HNDさん、DTe)

渡渉して取り付きのところに、猟友会の方にクライミングしてることを知らせるため黄色い布をかけます。

 

 

 

 

 

クラックベイビー5.7

ずっとハンドサイズの短いクラック、初心者向けのはこれしかなく、4日間でrpはこれだけでした…。

 

左にある名張入門は5.9ですが下に広がっているワイドです。。トップロープでもアームバーできません。。ずりずりやっとハンドになったところで足が抜けてしまいます。HNDさんはリハビリ進行中で無事再登。

フィンガーのサーフライダー5.10dとワイドのミニラ5.10bはHNDさんだけ練習。私は名張に入門すら遠く初日終了。

2日目 第一岩壁(HNDさん、DTE、会員外さん)

 

ウェーダーを購入して張り切って渡渉。

 

 

 

 

 

 

 

ゴールデンボンバー5.8もワイドで悶絶。HNDさんもリード奮闘されていました^ ^

 

 

 

 

 

 

Golden Jam5.9 ハンドや〜♡と思ったら限定で、ルーフの前にある木を使うと5.7になるそうです。。今度は木を使わないトップロープと木を使ってリードトライしたいです。

これなんですか5.10a

かぶりはなんとか超えたのに上でサイズが大きくなって落ちてしまい、日が暮れてきてカムをつかんでしまいました。。もちろんトップロープです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3日目 屏風岩(HNDさん、MGCさん、DTe)

 

 

本日も岩に挟まれるため渡っていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラックベイビーからやって、名張入門の待ち時間でサーフライダーをやってしまい、ぜんぜんできなくて腕も足もぱんぱんになりました。

スポートクライマーのMGCさんはクラックがほぼ初めてでも、クラックベイビーも名張入門もさすが上手く登っておられました。

 

 

 

 

マシュマロマン5.10a

核心の登り方を聞いてから登ったのに、その前にフィストより広くなる部分で落ちてそこまで行けませんでした。。拳がすかすかで肘は入らなかったらどうしたらいいですか…

 

4日目 第一岩壁(HNDさん、MGCさん、DTe)

 

 

 

 

 

直登5.10a。下の方はハンド〜肘で上がれたけど、上の棚から上部がワイド(オフィズス)で上がっていく技術がぜんぜんありません。棚に上がってしまうと右のワイドに移るだけでも難しかったです。

MGCさんは最初フットジャムのスランプに陥ってましたが、最後に解決して上のワイドはレイバックで登っていてさすが。

 

 

 

 

 

HNDさんはワイドのプロテクションを1個省略して無事再登^_^私にとってはあの場所でプロテクションを取れることからしてありえません。

最後に直登の終了点テラスからサブマリン5.10a。最初シンハンドになったところで落ちて、チムニーの抜け口でお腹が抜けなくなりそうになり、終了点手前もよれよれで落ちました。

落ちた、しか書いてなくてすみません。

5.10aをたくさんトップロープさせてもらったけど、絶対途中に難しいサイズの部分があり、それがあるからして10台がつくのだそうです。10以下はほぼほぼワイドです。名張です。

ハンドではなかった、11月の4日間でした。自分自身を隙間に詰まらせて岩を登るなんてなんだか感動的です。出来てませんが…。

ノーシューズでも7本のルートにトップロープをしてくれたリーダーありがとうございました!大変楽しかったです!!

(駐車場の車にも、右のミラーに黄色い布です)

 

 

 


池小屋山 20年11月22日

山行期間 2020年11月8日
メンバー OSM,OKD,TCH

11/8に池子屋山に登りました。

夏~秋の沢登りが終わると冬山のトレーニングが始まり、登山といっても歩荷トレーニングがほとんどになるため、純粋なハイキングも久しぶりだなーと思いながら7:00前に登山開始。

20分ほど登山道を登っていくとカモシカが目の前の道に立っており、こちらを逃げることなく見つめている。ずんぐりした体を見ると牛の仲間というのもうなずける。しばらく見つめ合っているとあちらも飽きたのかてくてくと登山道をそれて去って行った。

30分ほど登ると明瞭な道は消え、沢沿いを何度かルート間違いながら登り、高滝を巻く頃にはトラロープの残置でルートとわかるような不明瞭なものになっていた。

高滝、ドッサリ滝を超えたあとも沢沿いを登っていき、奥の出合についてからは尾根を無理やり登るような場面が多かった。

池小屋山から霜降山に降りてからの下りの道は迷う人が多いのだろう、登山道と書かれたテープがこれでもかというほどに巻かれ、1070mの地点には間違って入りやすい支尾根の方にロープが張ってあり、反対側に道には見えないが登山道のテープがあったため降りてみると降りるべき支尾根が見つかり、降りることができた。

そこからはテープにそって降りていきこれがほんとにルートなのだろうかと悩みながら鹿よけのネットを二度ほどまたぎ、林業のモノレールに沿って降りて駐車場へ戻ることができた。

振り返ると全体的に登山道が不明瞭で高滝の巻きに関しては沢登りによく行く僕はなんともなかったが一般のハイカーには難所となるだろうし、下りの1070mの地点は前日から地図を見て危ないと把握していたもののロープが張っていなければそのまま間違って降りていたと思う。ハイキング気分で行ったものの果たして一人で登った場合無事に帰れただろうかと、ルートファインディングや読図の未熟さを思い知る山行となった。

出発→7:25風折滝と高滝の分岐→7:40高滝→8:50どっさり滝→9:10奥ノ出合→10:25池小屋山→11:00霧降山→12:15 866m→13:05駐車地


台高 三之公川 明神谷(馬ノ鞍谷) 20年11月01日

山行期間 2020年10月18日
メンバー UET,OKD,OSM,TCH

10月18日 明神谷の沢登へ行ってきました。

17日に雨が降ったこともあり、18日の朝は少し寒さも収まっていたが寒いことには変わらず8時過ぎに出発となった。

はじめは登山道を登り、明神滝を拝んでから入渓。

滑りやすい岩が多かったがロープを使うような危険な箇所もなく、巻き道も特に厳しくはなかったので初心者にはうってつけのルートに感じられた。

出発8:05→8:40明神滝→8:52入渓点→9:40 660mの二股→10:50 770m辺りの二股→12:00馬ノ鞍峰→13:13カクシ平→14:22駐車地

 


台高 北股川 柏原谷

山行期間 2020年10月24日(夜)~10月25日
メンバー OSM、OKD
山行地域 台高山脈
山行スタイル 沢登り


今シーズンも最終(予定)の沢、柏原谷に行ってきました。

柏原谷の出会いを西へ柏原谷に入って、右岸の荒れた林道?を少し進み入渓。入渓してすぐに釜が出てくる。朝の最低気温は5℃。いきなり水に浸かるのは避けたいので左岸巻きするも、いきなり降りられなくなり4~5m懸垂下降で降りる。

 

いきなり懸垂

支流の虹

 

 

 

 

 

巻きと直登を繰り返して標高500mの分岐を右股に進む。話に聞く赤いナメ床を通過、傾斜もかなり緩く快適に楽しめる。標高548mの分岐を左股に進み、8mと10mの滝は左岸巻き。

 

赤いナメ床

8mと10m滝の左岸巻き

 

 

 

 

 

さらに巻きと直登を繰り返す。一見楽に登れそうな斜滝もかなり滑っている個所が多い。ビビったOKDは先行したOSMさんにロープを出してもらう。テンションが上がって楽しくなってきたOKD、気合のシャワークライミング、水が冷たい・・・というか痛い。

 

かなり滑ってる斜滝

シャワークライミング

 

 

 

 

 

760mの三股(奥の二股)、分岐を右股へ進む。斜滝3段30m。傾斜は緩いが距離は長い、そして滑っている。またもビビったOKDはOSMさんにロープを出してもらう。ここから再び直登と巻きで進む。12m滝を右岸巻きするが、トラバースの傾斜が強く滑りやすい。落ちたら10m以上は垂直に落ちると思われる。木の根とバイルを頼りに突破。

 

トラバース

 

 

 

 

 

やがて水流もほとんどなくなり、稜線に向けて土の斜面を登る。傾斜が強いルートを選んでしまったようで滑り落ちそうになりながら、1168mピークのすぐ南に詰め上がった。

 

1168mピーク

 

 

 

 

 

1168mピークを確認。下山はOKDが先頭を任されることに。今年はルートファインディングをミスしまくって何回も迷惑をかけたので、今回は気合を入れて慎重に読図。東の尾根を進み1040mの分岐を確認してルートを右(南東)に。

840mの分岐を左(東)、地形の起伏が明瞭では無いのでコンパスで良く確認。倒木が多くて歩きにくく不安になる。

750mの分岐を右(南東)に。ここは倒木が多く地形の起伏が少ないので難しい。左(東)の尾根の方が目立つので引き込まれないように注意しながら右の尾根を進む。途中、なぜかプラスチック製の白いポールが立っている。あとは尾根が登山道につながり、一気に下山。

林道が見える位置あたりで登山道を見失う。強引にまっすぐ降りたら、林道の上で切れ落ちている。最後は3m降りるのにロープを出して(笑)林道に降りる事ができた。下山が難しいという情報が多かったが、ほぼノーミスで降りる事が出来た。

シーズン最後の沢。直登、シャワークライミング、懸垂下降、高巻き・・・色々と詰め込まれて、とても楽しめた。夏なら更に泳ぎも楽しめそう。初心者が同行する場合、場所によっては巻き道でロープを出した方が良いかも知れない。

8:10出発→8:25柏原谷の出会い→9:27 500m分岐→9:40 550m分岐→10:03 600m分岐→10:50 760m三股→12:35 1135m稜線→12:43 1168mピーク→14:30林道→14:48駐車地


かんたん?鳳来ガンコ岩

山行期間 10月31日
メンバー HND KNS SMA DTe
山行地域 鳳来
山行スタイル フリークライミング


10月初めに人生2回目でガンコ岩に行ったが「かんたん」5.10aが登れず、また月末に行ってきました。そのため10月は前傾壁限定、頭の中はずっとかんたん、かんたんなはず…。

今回はKNSさんSMAさんも参加で2人は講習会ルート5.7から頑張っていました。

 

 

 

 

 

SMAさんは講習会ルートRP^o^



前回登れなかったかんたん

チョークがついたたくさんの穴があるが正解の穴がいまいち分からずジワジワ追い詰められていく感じでした。簡単なのかはいまいち謎な感じです。

HNDさんにヌンチャクをかけてもらってフレッシュな腕だったので1本目で登れて、午前中に10月が終わりほっとしました…。

 

 

 

 

 

HNDさんのリハビリクライミングはキツネの嫁入り5.11c★★★を無事再登^_^カモン!アレ!ガンバ!と多言語の声援が響き、盛り上げ方さすがです

HNDさんのクライミングはまねできませんが、メンタルが勉強になります。

 

 

 

 

 

かんたんの次はグレードが高くなるので、かんたんの右バリエーションの「?」5.9を2回トライしましたが腕が残ってなくてまた来年の宿題にしてしまいました…。ホールドの場所をメモしてとほほ。

苦手なことやかつての自分に向き合った10月のガンコ岩。

一緒に行ってくれたメンバーの皆さんありがとうございました!!

また来年もみんなで行きましょう♪

 


大峰山系 笙の窟尾根 20年10月25日

山行期間 10/23~24
メンバー TGA・SOM・KSI
山行地域 大峰山系
山行スタイル 縦走


大普賢岳に向かう途中、指弾ノ窟・朝日ノ窟・笙ノ窟・鷲ノ窟という自然洞窟があります。密教僧の日蔵上人が修験道として行われた行場。
その上の尾根筋が笙ノ窟尾根バリエーション。このルートの資料は1993年に書かれた物と、インターネットで見つけた2008年、2009年の記録だけ。
現在の情報が少ない中、行って見たいという思いで3人で決行してきました。

道の駅杉の湯で前泊。24日起床時は曇り。昼頃から回復の予定。
和左又フュッテが取り壊れ、キャンプ場も使用出来ないので、林道途中にある駐車場に止める。キャンプ場のトイレは使用出来ます。
和左又のコルから進むと指弾ノ窟の手前に尾根筋が現れる。ここに降りてくる予定だ。
実は前夜、大普賢岳には3人とも登っているので行きたいかというと、「別に・・」との声が。当日リーダーに相談、メインを楽しもうとを端折らせて頂きました。

日本岳のコルで装備の準備。大普賢への登山者から珍しそうに見られる。
コルに倒れている巨木の裏に道がある。石の鼻への道を見送り斜上して左を行く。
歩きによってはいつでも足元が崩れそうなトラバース。ピンクテープがある岩壁を登り、立ち木につかまり進んでいく。
日本岳まではテープがあるので迷いはない。尾根に出てからピークは少し先にあった。

ここからテープも踏み後もない尾根を東に進む。人の入ってない感じが濃い苔生した枯れ木をまたぎ、時には抜けそうな腐葉土の道を注意しながら進んでいく。
根が張り出した岩稜に行き着いた。降りれるか見てみるが、あまりにも悪い。思っていたよりも早い段階での最初の懸垂下降を行う。
今日は朝から気温が上がらないようで(確か予報では1500Mで4℃)朝露で濡れた手袋している手が痛い。
さらに進むと左手に降りる年代物の残置ロープがある。ここもまた足場が悪い。ロープを頼らず先に降り出したSOMさんが触った40~50センチ四方の岩がぐらっと動き驚く。降りている間にも落ちてきたら一溜まりも無い。幸いこの下にルートはない。ここは人工的に落石とした。いつまでも鳴り響く落石音に正直ぞっとした。3人とも慎重に降りる。
この先で2回目の懸垂下降。1歩めの足場がなく、不安定さゆえ最初のバランスに少し苦労する。枝が多いのでロープを上から繰り出しながら懸垂をする。なだらかなコルを歩くと、次はナイフリッジだ。書物では、「高度感があれば八つ峰のCフェース剣稜会ルート上部を思い描かせる」とある。期待大。

ナイフリッジは最初周りに木々があるので怖さはさほど感じないが、抜けたところから眼下をみると下腹がきゅっとなった。右側は切り立った崖、残置ロープもあるがもちろん触らない。岩の固さを確認しながらリッジを登る。ここが3級くらいか。晴れていてよかった。登った先から見た景色は紅葉が何とも綺麗。

P1505で写真を撮り、さらに下っていくと滑り台のような岩が出てきた。地図では終着点の少し手前ぐらい。ここで50Mロープを2本繋いで3度目の懸垂下降となった。
降り切ってさらに崩れやすい斜面を下ると、そこから一般道がすぐ見て捉えられ合流することが出来た。そこは指弾ノ窟のすぐ横であり、最初ここに出ると言っていた尾根筋との間だった。

記録 (KSI記)

和左又フュッテ跡地7:46-日本岳コル9:00-日本岳9:35-1回目懸垂下降9:25-2回目懸垂下降10:00-ナイフリッジ取り付き10:40-3回目懸垂下降11:08-終着点11:38-和左又ヒュッテ跡地12:10

ルートグレードは今回のように下降した場合はⅢ級-~Ⅲ級。登路とした場合はⅢ級~Ⅲ級+。この尾根を登路とする場合は今回は懸垂下降した箇所を登ること(最高ピッチグレード:Ⅲ級+)に加え、核心部のナイフリッジは下りになるので、下降よりもやや難度が上る。下降、登行、いずれの場合であっても2ピッチ以上の登攀はなく、1ピッチのみ。狭い尾根通しであるために、ルートファインディングはさほど困難ではないが、実戦力が問われるルートと言える。

 


明神南西尾根

山行期間 10月23日〜24日
メンバー DTe MTD
山行地域 穂高連峰 明神岳
山行スタイル 岩稜ピークハント


10月23日(金)雨

上高地でねばっていても雨足は弱まらないので諦めて8時前出発。すでに今日の目標は主峰ではなく5峰台地で、目標を自分に合わせる人…。

岳沢登山道を50分くらい行くと、7号標識から右側に非常にわかりやすい取り付きです。尾根上も踏み跡、テープがあってとってもわかりやすいです。

 

 

 

 

 

尾根が細くなってくると簡単な岩場でフィックスがしてあって、下降の時はカラビナをかけさせてもらいました。ありがとうございました。

ファイト一発!!

雨の中3時間くらいでハイマツ帯に出ると、強風でヨロヨロしてしまいます。お水を6リットルも担ぎすぎです。

樹林帯に引き返しますか?とMTDさんに聞いてみると、もうすぐそこやろ。と言われて前進。

5峰台地に着いたがあまりに風が吹きつけるのでもっと風が避けられる場所はないか、とオロオロさまよってしまい、どんどん寒くなって諦めて設営。

風でテントがひっくり返るのでポールを立てるのに苦労し、ぼろ雑巾のようになってテントの中に逃げこむと13時前になってました。

 

ツェルトにしなくてほんとによかった。。

2人とも奥歯をガチガチ鳴らして、傍目にはおもしろい光景だったと思います。

10月24日(土)晴れのち雪

前夜から風が弱まり星もきれいでした。しかし日中は冬型が強まり稜線で20センチ以上の積雪予報だったので、朝に5峰だけ踏んでさっさと撤退することにしました。霜柱ザクザク。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7時5峰(2,726m)に着いて、有名な残置ピッケルの写真を撮ってきました。雪はついてなくてアイゼンつけませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テント場方面

 

 

 

 

 

8時前に撤収して南西尾根を引き返すとこれがけっこう長く、昨日の雨でずるずるなので大変でした。

12時に岳沢登山道まで下山。上高地はみぞれになってました。

南西尾根を下山してみるとヨレヨレで、天気が良くても今回のほぼ冬装備を担いで主稜から前穂まで行くには弱いですね。。と反省会しながら帰りました。

変な時期に企画してしまいましたが、MTDさん良い冬山トレになった、と満足しておられたので途中まででも行ってよかったです^ ^また来年主稜の企画お願いします!

行動記録

10月23日

8時上高地 850分南西尾根取り付き 12305峰台地BV

10月24日

6時BV  7時明神5峰  8時撤収  12時南西尾根取り付き


黒倉又谷 20年10月04日

山行期間 2020/10/3日夜発~2020/10/04日
メンバー OSM・OKD・UET
山行地域 台高
山行スタイル 沢登り


シーズンも終わりを告げようとしている中、先週に引き続き同じメンバーで台高・黒倉又谷に行ってきました。

国道169号線を大迫ダムで左折し、入之波温泉を更に超え「川上村入之波地区監視員駐在所」で駐車料金600円/台を支払い林道終点まで進みます。駐車場で準備を終え、本沢川沿いに少し下ると白倉又谷の合流点にでます。白倉又谷もまた機会があれば是非行って見たいと思います。

 

 

 

 

 

そのまま本沢川沿いに30分位進むと黒倉又谷の出合に到着。沢靴・ハーネスを装着し入渓です。

 

 

 

 

 

この季節、ずぶ濡れになるのも躊躇いがあるので、右岸を巻きます。

 

 

 

 

 

綺麗な釜やナメが次々に現れ、あきさせません。

 

 

 

 

 

所々いやらしい局面はあるものの巻き道もありロープは全く必要としません。

 

 

 

 

 

予定より大分早く10時植林小屋に到着し遡行を終了。装備を解除し、少し登ったところから標布を辿り下山開始。

 

 

 

 

下山途中に尾根筋のトラバースで進みすぎ、登り返しがあったものの無事下山ルートに復帰し、

12時に筏場の駐車場に帰着。比較的短い時間で楽しめる良いルートでした。

<UET記>

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


天国のように美しい赤木沢 20年10月01日

山行期間 2020年9月19日〜21日
メンバー MTU SZK IC KH ICKS
山行地域 北アルプス
山行スタイル 沢登り

Bチームの頃からKNSさんから天国のように美しい沢だと聞いてずっと行きいと思っていた。

昨年計画はしていたが天候不良で行けず。

今年こそはと計画していたが、天候は不安定。

今年は行けるのか?出発直前まで天気予報と相談し

結局、1日出発を遅らせる事となった。

9/19日12時に集合し離阪

ゆっくり折立キャンプ場で宴会と思ったが、熊が出没するとの事でキャンプ場は閉鎖されていた。車の中で宴会し、したかなく車中泊をした。

リサーチ不足だ。

 

9/20

朝6時起床。折立登山口を7時半出発。

10時半に太郎平小屋に到着。

テント場はもういっぱいです。

ちょうど帰る人を見つけ良い場所にテントを設営する事が出来た。

今日は明日に備えて、ゆっくり過ごします。

 

 

9/21日

3時起床。

4時に太郎平を出発。

6時薬師沢小屋に到着。薬師沢小屋で沢装備に身支度を整える。

縦走の登山者達に沢ですか?水冷たいですよ。寒くないですか?と少し変人扱いされ、ドキドキしながら6時半黒部川へ入渓

 

 

 

 

 

さすが黒部川源流域、沢のスケールが違う。

川幅が広く明るい。

私達が沢に入ると青空が出て日がさしてきた。

誰の日頃の行いが良いのか?感謝です。

水面に日がさしてキラキラ光り、青い水面がとても綺麗だ。

夏と秋では水量も違うようで、夏の方が雪渓の溶けた水が入り込み水量が多く、渡渉やまきもた大変だったそうだが、今回は水量が少ないそうだ。

渡渉を繰り返しながら黒部川を進む。

赤木沢近くになり、左岸を巻いた。

湿地帯に入り込む。

踏み跡らしい物があった為そのまま進むと藪漕ぎだ。

しばらくこっちでもないか?あっちか?と藪漕ぎを続けたが、どうもおかしいと沢へ下りると別のパーティが沢を進んでいる。

我々も降りてみると、もう赤木沢出会いだった。8時50分

 

 

 

 

 

うま沢を超え2段20mの滝だ。

通常左を巻くそうだか、胸まで釜に入り右壁を登るとさらに充実した沢登りとなると、沢の資料には書いてあった。

MTUリーダーはもちろん先頭をきって胸まで浸かって滝を進む。

この時期胸まで浸かるのは少々抵抗もあったが、せっかくの沢なので、トライしてみる。

冷たい。

水から上がりたい一心で必死で滝に取り付き滝を登る。

一瞬は寒かったが、日がさしている為、その後はそれほど寒さは感じなかった。

小さな滝とナメ床を超え美しい赤木沢を進む

 

 

 

 

 

とうとう大滝だ。

大滝はスケールが違う。

思っていたより水量が少ないが、秋だからなのか?

 

 

 

 

 

左岸の草付きを巻く。

下から見上げるとなかなかの高度だ。

ロープを出すかと聞かれたが、登ってみると案外安定していて、ロープは出さずに登れた。

大滝を越えると二俣に分かれている。

私達は左を進み中俣乗越へと進む。

だんだん流れは細くなり水流はほとんどなくなった。

沢靴から登山靴に履き替える為に休憩をとった。

振り返ると薬師岳、水晶岳、鷲羽岳が一望出来る。

いい眺めだ。

 

 

 

 

 

中俣乗越まではい松の中を進むとやっと登山道に出た。

中俣乗越から太郎平までが長かった。

疲れて先頭から遅れをとる。

急激な空腹感と倦怠感でなかなかスピードが上がらず。

身体も寒い。

皆、暑いとレインを脱いでるが、私は1人寒くずっとレインを着たまま行動していた。

寒さなのか?高山病か?低血糖か?よく分からないが、気分も悪い。

でも食べないといけない気がして、行動食をかき込んで白湯を呑んだ。

回復し、太郎平まで歩き続ける。

太郎平に到着したのは15時半だった。

3時間で下山出来れば有峰有料道路のゲートが閉まるまでに間に合う。

帰ろうという事になり、急いで撤収。

19時に折立登山口に下山。

この日は15時行動となった。

赤木沢はとても綺麗で今度はお花の咲く頃に行ってみたいと思う。

ICK.S記

 

9/20  6時30 折立登山口―10時30太郎平小屋―薬師峠キャンプ場泊

9/21  4時薬師沢キャンプ場―6時薬師沢小屋―6時30黒部川入渓―8時50赤城沢出合―10時30 大滝―12時中俣乗越―14時北ノ俣岳―15時30薬師沢キャンプ場―19時折立登山口

 


大峰山 双門の滝ルート 20年09月27日

山行期間 2020年9月20日(夜)~9月22日
メンバー OSM、TKH、OKD
山行地域 大峰山脈
山行スタイル ピークハント


一般登山道としては関西屈指の難コースと言われるルートに行ってきました。

4時35分、出発。みたらい渓谷沿いの車道を歩き、熊渡に到着。林道を歩きカナビキ尾根との分岐を双門ルートに進みます。水の無い河原歩きが続いて、ようやく渓谷らしい様相が。

 

 

 

 

 

ここからは、やたらと滑りやすい岩場を慎重に通過します。巻いたり渡渉したりを繰り返し、一ノ滝に到着。

 

 

 

 

吊り橋を渡り、新しいピンクのテープに導かれ進むと左右に分かれた谷筋の分岐に到着。左右とも通常装備で進める様な谷筋ではありません。テープに導かれて他のパーティーも次々にやってきます。引き返すと左に登山道を発見。なぜ、あんな位置にピンクのテープがあったのか?

この後も通常ルート以外にピンクのテープが散在していて、何度も引き返したり時間のかかる個所を通過したりの繰り返し。予想以上に時間がかかったものの、仙人嵓のテラスに到着。ここから見えるのが「日本の滝100選」双門の滝です。ここで先に出発したパーティーが後から到着。やはりテープに沿って進みルートから外れてしまったとの事。

 

 

 

 

長い高巻きを終えて双門の滝の上に降ります。ここからは渡渉と巻きの繰り返し。水量によってルートを考える必要があります。更に左岸が大崩壊!!通常のルートが途切れています。

 

 

 

 

時間は14時30分、狼平まで1時間程度。ここで先頭を進んでいたOKDが痛恨のミス!!沢の分岐、屈曲した右に進むべきところをピンクのテープに導かれ直進(「いつもの沢登りの時は必ず地形図を見て確認するんですよ!!」と言い訳しておきます)。30分も進んだところで「何かおかしい」と感じて引き返す事に。

このミスで1時間のロス、これは沢の中でビバークかな?と相談しつつテープのところまで戻ってくると、続々と他のパーティーが集まってきます。意味不明なテープとルートファインディングで苦労したとの事でした。

ここから1時間程度、濡れたブランブランの鉄梯子(荷揚げのロープ貸してくれたパーティーありがとうございました!!)を超えて、鎖を頼りに鉄の杭を渡り、16時30分、狼平に到着です。充実の12時間行動となりました(予定では7時間程度)。しかしこのルート、双門の滝以降は沢装備の方が早いのでは?

翌日は八経ヶ岳のピークを踏み、栃尾辻経由で下山。下山では2度の素敵な出会いがありました。

第一弾 親子シカ

近寄っても全く逃げない親と子2匹

 

 

 

 

第二弾 マムシ

しっぽをフリフリ、飛び掛かってこようとしてました。人懐っこいヤツ。

 

 

 

 

(行動記録)

9/21 4:35天川村役場→5:30熊渡→6:00カナビキ尾根ルートの分岐→10:30双門の滝→16:30狼平

9/22 4:30狼平→5:15弥山→5:40八経ヶ岳→6:10弥山→7:00狼平→8:20カナビキ尾根分岐→9:00栃尾辻→10:55天川村役場


小川山JAMJAM日記 20年09月22日

山行期間 9月19日–21日
メンバー HND ABE KNS NSN(OB) 元会員Andyさん DTe
山行地域 小川山廻り目平周辺
山行スタイル フリークライミング


9月19日 親指岩

朝方雨だったので小川山レイバック5.9+★★★に行ってみると、8人の子どもたちが全員レイバックで登っていました!さすが小川山。

1時間くらい待ちで、HNDさんにトップロープを張ってもらいました。出だしはやっぱりレイバックになってしまいます。。

 

 

 

 

 

後続パーティが来られたのでソラマメスラブへ移動。

 

 

 

 

 

やわらかソラマメ5.8のあとABeさんはソラマメ5.9+★★を2撃rp。

ソラマメは中盤から終了点前に恐ろしい数歩がありました。

 

 

 

 

 

HNDさんは5.11台のスラブ(汗)でリハビリ?をされていましたが、完全復活まではいかなかったようです。横で見たらものすごい傾斜のツルツルでした。

 

 

 

 

 

そのあとソラマメハング5.10c★にトップロープしてもらって練習。3回やったけどハングのところで落ちてしまいます。。また来たいです。

 

 

 

 

9月20日 妹岩・マラ岩

午前中雨で、妹岩のクラックもちょっと滝になっていました。夕方くらいに登れるかな?という感じで、

 

 

 

 

 

乾きやすいというマラ岩の川上小唄5.8★★をやりましたが、足元が濡れていて恐ろしく、テンションしてしまいました。。

まだちょっと濡れている龍の子太郎5.9★、HNDさんにトップロープを張ってもらって練習。

 

 

 

クラックの抜け口はレイバックしか出来ないけどABeさんはジャミングで登ている??聞くと、クラックの中のカチを持っているそうでした。。すごい

誰も来なかったので3回くらい練習。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後、OBのNSNさんとレジェンドのANDyさんが合流。

 

 

 

 

 

ABeさんと3人で同窓会みたいになって楽しそうです(^ ^)雨が心配だったけど来てよかったです。

NSNさん考案の”ジャミングヘルパー”

カサブランカ5.10a★★★はまだちょっと濡れているから、ということでANDyさんが登ってくださいました。素手でプロテクションも4個くらい、歩いているようにしか見えませんでした。何ということでしょう

 

 

 

 

 

私が勝手にシンハンドと呼んでいた(なかなか登れない)後半の部分は、フレアハンドということが判明しました。腕を縦にしたらよく効くよ。と言われましたが。。。

夜はNSNさん、ANDyさんとみんなで薫製や焼うどん、鍋をしてキャンプファイヤーして盛り上がりました。3人の昔の山行の話は聞いているだけで吐きそうでした…。みんながHNDさんみたいな感じだったのですね。

頑張らないといけない私たち。

ANDyさんはアルパインもされていて、パタゴニアの記録がロクスノ最新号に載っていました!

 

 

 

 

 

9月21日 兄岩下部スラブ

タジヤンⅣ5.10a★★HNDさんとABeさんがrp。私はトップロープなのにボルトに触れてしまいました。。

 

 

 

 

 

ANDyさんおすすめピクニクラ5.10b★★★HNDさんos とNSNさんrp。

登りごたえがある!とみんな言ってましたが、、リードだったら魂が抜けそうです。

 

 

 

グダイマイト5.10c★ANDyさんにトップロープしてもらってホールドやムーブを教えてもらいながら、テンションテンション。DTeさん動きは合ってますよと言っていただき、問題は力/自重でした。。No gravity No climbing 。HNDさんは惜しくも2撃だったようです。

 

 

 

 

 

最後に父岩に移動。小川山ストリート5.9をHNDさんにヌンチャクをかけてもらい、プリクリップもしてもらい、最後なので見切りスタートしますが。。たった2ピン目でもじもじして敗退しました。弱い。。。

小川山物語5.9★★★今回はビレーヤーです。と言っていたNSNさんはがしがしリードされてました。こちらも長かった…。

クはクライマーのク5.10c、クリップが悪いみたいで2撃だったそうです(HNDさん)

 

 

 

 

 

今回は小川山の★ルートをたくさん練習させていただき、各自目標に向けて課題が分かったトレーニングになったと思います。私はいつも課題山積、成果はやわらかソラマメだけですが…

KNSさんは帰宅後さっそくクライミングシューズを買いに行かれたそうです^^

そして大先輩方にお会いしてお話を聞き、一緒に登れてとっても貴重な機会でした。皆さんありがとうございました!!


八池谷 沢登り 20年09月03日

山行期間 2020年8月29日夜〜30日
メンバー SZK MTU SKD ICKH DOIS DOIA
山行地域 比良山地
山行スタイル 沢登り


灼熱の大阪を抜け出し比良の八池谷へ沢登りにやってきました!

本日は天気も上々、朝7時にガリバー青少年旅行村を出発〜!

 

20分ほど先の入渓点で準備を整えひとまず記念撮影。

メンバー全員ヤル気マンマンのナイスな笑顔です◎

さぁ、いよいよ入渓!1年ぶりの沢靴、恐る恐る濡れた岩に足をのせると…おー、滑らな〜い。コレぞ沢登りの醍醐味!

 

難所ではSKD先輩がフィックスロープを張ってくれました。

昨年のBチームの頃は巻いていたであろう滝もプルージック登攀でガシガシと登っていきます。

めっちゃ楽し〜い♪

腰まで水に浸かり、顔に滝シャワーを浴びてこれまた気持ちイイ〜♪

 

ゴロゴロ石に気を取られて歩いていると急に視界が明るくなりナメの美しい景色が目に飛び込んできました。

この景色に魅了されたSZK先輩は今にも踊りださんばかりの喜びよう。笑  沢の楽しみはこういう景色にもあり、ですね。

 

またSKD先輩の「これ滑り台になるんちゃう?」の一言でMTU先輩を皮切りにICKH先輩、DOIS が続いて滑り出し、歓声が響き渡りました。

変化に富んだとても楽しいコースです。

 

 

 

 

 

そして沢といえばカエルの聖地。

おもむろにカエルを掴んで頭に載せるMTU先輩に一同大爆笑。

 

わたしもちゃっかりカエルを載っけてもらって大満足。

カエル好きにはたまらな〜い!

【注意】ガマガエルは毒を出すので素手で触ってはいけません。と以前TGA先輩に教えてもらいました。

 

最後にもう一度記念撮影をして下山です。

SKD先輩のハイスピードについていくのに必死で汗びっしょり。

また真夏に逆戻りです。涙

 

 

8月最後の日曜日、湖西道路は大渋滞。

大津でみんな大好き餃子の王将でお腹を満たし、大阪に帰りましたとさ。

DOIA記

 

ガリバー青少年旅行村(7:00)〜貴船の滝(9:00)〜広谷(13:10)〜ガリバー青少年旅行村(14:30)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


前鬼川 沢登り 20年08月29日

山行期間 2020/8/25
メンバー TGA, SUM, KSI
山行地域 大峰山系前鬼川
山行スタイル 沢登り

大峰山系前鬼川へ沢登りに行ってきました。
中でもSUMさんと私、何と二人ともB以来の沢登りです。
ずっと行きたかった前鬼ブルー。
ようやく拝むことができました。

駐車地に一番乗り。気温は21℃。天気はやや晴れ。準備して8時スタート。

 

 

 

 

 

久しぶりの沢靴は歩きにくかったですが、浸かる水は気持ちよくて。これならジャブジャブ平泳ぎだっていけるかも~とこの時は期待していました。
しばらく岩ゴロを歩くと、赤茶けた岩盤に走るナメが出てきます。いいね~いいね~!と思ったのもつかの間、滑りそうになる。コケたくないな。歩き方を思い出しながら歩を進めます。時に太腿辺りまで浸かり歩くと気持ちいい。TGAさんは岩をトントンと飛び跳ね進んでいきます。

2段10m滝。おおっ!会いたかった前鬼ブルー!

 

 

 

 

 

近くまで行こうとへつっていたら胸まで浸かりいきなり水の冷たさに心臓が踊りだし、SUMさんと二人、ヤバいヤバいと言いながら這い上がりました(笑)
しかし、何と美しい色合い、光景、澄んだ水だろう。まさに心が洗われる非日常の空間そのもの。

 

 

 

 

大滝の左岸を登ると対岸に渡らねばなりません。ここは滑ったらやばいし怖いのでTGAリーダーにお助け紐をだしてもらい確保していただきました。続くSUMさんも慎重に渡りきります。
ここから先は120mのナメ床ゾーン。思い思い自由に闊歩。さらに進むと大岩が出てくるのですが、『前鬼ソーダ』と言われているある箇所が出てきます。進むにはここを泳いで進むか、左岸を巻くか。先ほどの心臓が踊った冷たさを思い起こすと、行きたいです!とは申せません。で、、誰も行くとは言わない。
さすがに今日はそこまで暑くないから巻きましょ!

 

 

 

 

 

本当はもう少し手前から巻けたのですが、巻き出しはちょっといやらしい岩を登ることになりここでお助けロープ出します(SUMさんのフローティングロープ7.5mm×20m使用)。すると巻いた人しか見えない滝が現れました。ここから先、いろんな表情の滝がいくつも見ることが出来て面白かったです。
そして、箱状の廊下を眼下に捕らえ、横たえた滝を渡り、本流を遡上すると水流も落ち着きだして今回の終了地である垢離取場に到着。行者が身を清める場所とか。澄んだ気が流れているように感じて癒される場所でした。

 

 

 

 

 

ここの沢水で冷麺、ゆずうどん等食べて小仲坊まで戻りました。
ヒルを数匹見ましたが、誰も被害あわず。
皆様お疲れ様でした。

(KSI記)
記録
(8:00)駐車地スタート~(9:08)2段10m大滝~(10:44)箱状の廊下~(11:26)垢離取場~小仲坊~(13:25)駐車地


笠ヶ岳 20年08月28日

山行期間 2020年8月6日夜〜7日
メンバー DOIS DOIA
山行地域 笠ヶ岳
山行スタイル ハイキング


 

夏合宿のトレーニングを兼ねて日帰りで笠ヶ岳に行ってきました。

普段はテントを担いでゆっくりと山を愉しむスタイルがお気に入りなのですが、それはまたの機会に。

夜中2時に新穂高登山者用駐車場に到着。

月明かりもなく分厚い黒い雲が立ち込める夜空の下、静かに準備を整え笠ヶ岳へGO!!

予報より早く、5時頃からポツポツと雨が降ってきた。いつしか本降りになり、慌ててレインウェアを着込む。

やはり山の天気は水物だ。

 

ガスのため真っ白で槍穂高の眺めもない単調な歩きの中、抜戸岩が出現。

 

 

とてもとても長〜い登りもあと少しだ。

ガンバ!

 

 

山頂に到着。

笠ヶ岳だけに傘を持っての記念撮影。

ふたり合わせたポーズ、狙った訳ではないが傘という漢字に見えないでもない。笑

 

しかし、この雨の中では長居は無用だ。

サヨナラ!

 

 

雨で滑る石に気を使いながらの下山。

つま先と膝にくる。寒さと疲労でヘトヘトだ。

1540分、予定より1時間半遅れでようやく新穂高登山指導センターに帰還。

まずは温泉で冷え切って疲れた身体を温め、ご飯を食べよう。

そしてゆっくり眠ろう。

 

1DAY山行、くせになりそうだ。

 

DOIA記

 

2:10 新穂高登山者用駐車場 6:20 杓子平 8:30 抜戸岩 9:10 笠ヶ岳 10:00 抜戸岩 11:45 杓子平 15:40 新穂高登山指導センター

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


夏合宿 剱岳。源次郎尾根~北方稜線

山行期間 2020年8月13日(夜)~16日
メンバー TGA ABE DOIS DOIA
山行地域 剱岳 源次郎尾根
山行スタイル アルパインクライミング


 

Mチームに上がっての初めての夏合宿。

やっとこバリエーションルートにチャレンジ出来る運びとなりました。やったぜ!

先ずは入門ルートの剱岳の源次郎尾根だ。

どうせなら北方稜線も欲張って行っちゃおうということに。

昨今の新型コロナウイルスの影響を鑑みて当初の計画であった阿曽原温泉から欅平に抜けるコースを断念し、真砂沢ロッジを経ての周回コースとしました。

 

【1日目】

6時50分発のケーブルカー、そして高原バスを乗り継ぎ8時に室堂に到着。

この日は天気良くカンカンと日差しが照り付けています。しかし翌日は残念ながら雨予報。

急遽、予定変更。1泊目の剱沢キャンプ場をスルーして、その日のうちに源次郎尾根をやっつけることに。ガンバ!

 

藪漕ぎ多しの源次郎尾根に苦戦し、Ⅱ峰の懸垂下降を無事こなし、やっとの思いで18時過ぎに剱岳の頂に立つことができました。

TGAさん、ABEさん、DOIAと固い握手。

ビバーク地に到着した時には精も根も尽き果てていました。ふ~~。

 

【2日目】

今日は北方稜線から真砂沢ロッジまで歩きます。

北方稜線ではガスで視界が悪かったせいもあり源次郎尾根以上に悪戦苦闘の連続。

「いや~、いい経験出来てるなぁー」感慨一入。

キャンプ場に着いた頃には例の如く気力も体力も尽き果てていました。どっこいしょ。

 

【3日目】

最終日は下山するだけなので遅めの出発です。

昼の2時過ぎに立山駅に下山。

今回、TGAさん、ABEさんのサポートのおかげで源次郎尾根、北方稜線を無事に歩くことができました。感謝!

 

DOIS記

 

1日目 室堂(8:05)~剱沢キャンプ場(10:35)~平蔵谷出合(12:00)~Ⅰ峰(16:05)~Ⅱ峰(16:40)~剱岳(18:20)~ビバーク地(19:00)

2日目 ビバーク地(6:00)~三の窓(7:50)~小窓(11:20)~池の平小屋(13:20)~真砂沢ロッジ(16:50)

3日目 真砂沢ロッジ(6:00)~剱沢キャンプ場(8:35)~室堂(11:50)