アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! |  大阪府山岳連盟所属

アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

北アルプス 涸沢岳西尾根17/10/12

山行期間 2017年10月7日(夜)~9日
メンバー SKD TYK
山行地域 北アルプス涸沢岳西尾根~奥穂高岳
山行スタイル アルパインクライミング

 

今回の山行は、来年1月に予定している冬合宿で行く北アルプス涸沢岳西尾根の偵察を目的としたもの。

 

10月7日(土)の晩に大阪を出発し新穂高温泉近くの無料駐車場にて仮眠、8日㈰早朝に駐車場から歩き出した。天気は抜群に良かった。

白出沢出合~西尾根の取付きはしっかりと印が付いており分かりやすく迷うことはなかった。

西尾根~蒲田富士までは写真のような感じでやぶ漕ぎの連続。かなり疲れた。

 

 

 

 

 

 

蒲田富士周辺は岩稜帯。

フィックスロープが張ってある箇所が2か所あり、そこと辿ると楽に進むことが出来た。

昨晩の睡眠不足と序盤の藪漕ぎにて体力限界。蒲田富士辺りではすでにバテバテ。

 

あとひと踏ん張りとこの時は思っていたが、なかなか涸沢岳へはたどり着けない。

 

 

ようやく涸沢岳が見えてきた。

涸沢岳を過ぎたら穂高岳山荘はすぐ。

3連休の中日だけあって小屋もテント場もかなりの混雑。

聞くところによると、この日の小屋泊は1つの布団に2人が寝るとのこと。

 

もちろん奥穂高岳にも登ってきました。

 

翌日は山荘裏手の白出沢のルートを下山。途中ナナカマドの赤色やカラマツの黄色がとても綺麗でした。