アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! |  大阪府山岳連盟所属

アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

ヨーロッパ遠征 2012夏12/11/03

山行期間 2012.7.25-8.14
メンバー ARN、WKM、NGS、KNS、MNO、KDR、TRN
山行地域 ヨーロッパアルプス


昨年の予定だったが、大震災があり、延期となっていたヨーロッパ遠征を無事に行えることができた。

 

 

昨年行く予定だったがいけなくなった人、今年だからこそ行けるようになった人、総勢7名の遠征隊となった。

 

それぞれの都合もあり、前半と後半に分かれて、モンブランの登頂をめざした。

 

 

***先発隊***

7月25日に日本を出発して、ドバイ経由でジュネーブ入り。

電車とバスを乗り継いで、シャモニーへ。

お天気も良く。

さすが、ヨーロッパ、雄大です。

シャモニーの宿泊所から除く山々。

 

 

シャモニーに到着後は、街の散策と情報収集。

 

スーパーの場所やお天気の具合を確認して回ります。

偵察に出かけたクールマイヨールの町。

おいしいピザを頂く。

 

 

到着してから、お天気がよく、ミディのロープウェイが動かなかった。

動かないからと言って、ぼんやりすくこともできないため、高所順応のためにイタリア側にバスで移動。

 

ツールロンドとダンデジュアン(両方とも途中までですが)で高所順応を行いました。

さすがに登山1日目は体が高さに慣れていないため非常に疲れましたが、日本とは異なるヨーロッパの山の大きさを感じることができました。

 



 

 

***前半隊モンブラン登***

やはり、旅程には限りがあるので、天気を優先にして、モンブランを目指すことになりました。

通常のグーテルートを登りたかったのですが、グーテ小屋が改装中のとれず、取れなかったため、コスミック小屋から行くスリーマンツルートを登ることとなりました。

 

その名の通り、3つの山を登ることになるのでグーテルーテより時間を要します。

 

高所に体を慣らすことも考えて、前日にコスミック小屋まで行ってゆっくり休んで、早朝出発となりました。

 

コスミック小屋は広く快適です。

諸国からの登山者がたくさん滞在しています。

一緒になったイギリスやドイツの人とお話ししながら、食事を楽しみます。

食事も大変おいしいです。

デザートもちゃんとついてきます。

 

 

 

まだ暗い4時にに出発です。

たくさんの人が登っているので道ははっきりついています。

迷うことは全くありません。

モンブラン山頂。

携帯がつながるようで、私たち以外の登頂者は電話をしていました。

たぶん「今、モンブラ~ン!」とでも話していたのでしょう。

焼けないために必死の対策。

モンモディの下り。

登りも下りも順番待ちです。

これ大丈夫?と思ってしまうフィックスが張ってあります。

頂上まではたんたんと歩くことが大半のため、凍ったこの箇所はループを出したりとかなり楽しいです。

下山は上部にてスタンディングアックスで確保をしていただき、下降しました。

 

当日最終のロープウェイで下山予定でしたが、間に合わず、もう一泊コスミック小屋に宿泊。

コスミック小屋からどこかの国が小屋まで登ってくるのを応援してくれました。

到着した時には、「よぉ、頑張ったなぁ~」なんて言われながら、肩をぽんぽんとねぎらってくれました。

応援してくれた人たちは明日出発とのこと。

私たちは、おいしい食事をいただき、ゆっくりと休んで次の日、下山となりました。

 

次の日も良い天気です。

小屋から見えるミディです。

 

 

***コスミック山稜***

後半隊も無事に到着し疲れていたのですが、この後天気が崩れそうっだたのでに、次の日、高所順応のためにすぐにミディに。

モンブランタキュルの肩まで登り、コスミック小屋で一晩休みます。

一晩寝ることも高所順応の一環です。

後半隊はさすがに疲れていたようで、夕食までの間、眠ってしましました。

前半隊の私は、ぼんやり山を見ながらでっかいタルトをいただきます。

 

次の日コスミック山稜を登り下山。

3時間くらいの予定だったのが、結局6時間近くかかってしましましたが、楽しいひと時でした。

 

 

 

ミディを登っている人たち。

いつか登ってみたいですね。

 

 

***後半隊モンブラン登頂***

天気が悪く、シャモニーでは降雨、山では降雪があったため、コスミックのルートは危険ということになり、グーテルートとなりました。

しかし、小屋はやはり取れないため、急遽テントを担いで登ることに。

 

シャモニーには何でもあります。

テントやシュラフを貸してくるお店があるのでそこで一式借りることとなりました。

ただ、すべての道具が大きめです。

ヨーロッパでテントを張るのもおつな経験。

軽い小さなリュックで行く予定がでっか移動のときに使うでっかいリュックがまさかの大活躍です。

 

グーテではテントを張れなかったため、テートルースで幕営。

そうなると、2日目の登頂までの時間が長くなりますが無事に登頂です。

 

(登っている横をモンブランを半ズボン?で走って登っていた人がいたそうです。。。さすがです。いろんな人がいますね。)

 

 

 

 

***ツールロンド***

モンブランに無事に登頂できたので、ツールロンドのマリア様に会いに。

 

***パラパウント***

宿の向かいがパラグライダーのスクールだったので、せっかくの機会なので飛んでみました。。。

景色が大きく広がって、とっても気持ちよいです!!