アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! |  大阪府山岳連盟所属

アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

ネパール訪問記~前編~パンチャムル村へ12/01/11

山行期間 2011.12.27~29
メンバー TKH,NKZ
山行地域 ネパール・シャンジャ州
山行スタイル 訪問

2011年 初夏

TKHさんは海外青年協力隊としてネパールに向けて出発した。

なぜネパールか。

そこに山が、ヒマールがあるから。

赴任して半年。どうしているかと訪ねました。

クリスマスイブ・・・サンタは今頃どこに?な~んて思いながらに関空を出発。

その日の午後には首都カトマンズに到着。

ひときわ目立つスカイブルーのヤッケ。それがTKHさんでした。

ナマステ~。サンツァイ?(元気?)

目が輝いてる。いや全身が輝いてる!

今回の訪問の目的はふたつ。

赴任先訪問と、アンナプルナトレッキング。

まずは、赴任先・シャンジャ州パンチャムル村へ。

カトマンズからポカラへバスで移動。(7時間)

ポカラはあったかい!標高900mで緯度が低いためポカポカだ。

でもかなたにはドンとアンナプルナ山群が白くそびえ輝いてる。

8,000m峰があんなところに・・・驚きの近さだ。

(ホテルの屋上から望む峰々)

翌早朝、村へ向かって出発。

まずはノーダラへバスで1時間。そこでバスを乗り換え、谷向こうのセティドバまで15分。

さあここから歩き。

今回は荷物どっちゃり。ボッカ並みの重量を担ぎあげます。

のどかな農村風景に深呼吸しながら、集落を過ぎ、山裾をあがっていきます。

途中の茶屋でチャイを1杯。

(足元に注目!YMU式です)

オォッ!ヒマールがみえてきた!

でもまだまだ。さらに高度を上げ、ジャングルを通りすぎ(ジャングルにはトラがいるとか?)、

やーっと1900mの峠。ここまで3時間。上る上る。

ここからはゆるやかに下っていく。

「あそこが村です」

途中、村のはずれの幼稚園ぽいところでご挨拶。

「ナマステ~」

集落にはいり

ヤギや水牛のえさとなる草木をとってきたおばあさんにもご挨拶。

「ナマステ・・・」

(い、いったい何kgかついでるんですか!?)

そして1時間ほどでパンチャムル村にある赴任先の病院に到着。

レンガ造りの建物です。

目の前には建設中の新しい病院と、奥には学校が。明日訪問する予定です。

裏庭で病院のスタッフとさっそく切り紙&折り紙教室。

さすがドクターお上手です。

さて、明日もうまくいくかな?

翌朝。

山の斜面の上にあるお寺にお参りにいく。

そこから稜線まで出て

ヒマールに朝のご挨拶。

「ナマステ!(今日も輝いてますね!)」

下って、水牛さんにもご挨拶。

「ナマステ~~」

TKHさんが作ってくれた朝食。ダルバート。

いただっきまーす!

「ミト!(おいしい!)」

では学校へ行きましょう。

みんなと一緒に切り紙です。

こちらの学校には芸術教科がないので、みんな興味津々。

切った紙がハートの形になって、みんな思わず声をそろえて 「HEART・・・・・! 」

一所懸命作ってくれました。

紙ヒコーキも作って、運動場で一斉に飛ばしました。

「エク(1)、ドゥイ(2)、ティン(3)!」

みんな楽しんでくれたようです。

今度は折り紙したいな。

女の子4人が病院まで訪ねてきてくれました。

じゃ、一緒にしようか。なんだか楽しい女の子の空間。

いろいろ工夫して作ってました。

夕方からは隣村シルバリへ。

ところどころに水場があります。

水場の近くに家が数軒集まっているといったところでしょうか。

枝葉を運ぶ姉弟。家族の一員として働く。

お邪魔したお宅では、水牛の乳でダヒ(ヨーグルトに似た発酵乳)とギー(バターオイル)を作ってくれました。

翌朝、水牛の乳を搾るおじさん。

隣の家では石臼で粉を挽いてました。

ござの上で勉強する兄弟。

急な山肌に段々畑を作り自給自足の生活をする。

生きる根っこのところを感じたパンチャムル村訪問でした。