アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! |  大阪府山岳連盟所属

アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

4月例会(千畳敷カール〜宝剣岳)17/04/17

山行期間 4/15-16
メンバー SKD(CL), ABE(SL), MTU, UTJ, TKD,WDZ,DTE
山行地域 中央アルプス
山行スタイル 雪上訓練・アルパインクライミング


春の例会、中央アルプス。千畳敷カールでの雪訓と、2日目はサギダル尾根から宝剣岳を目指す計画です。

4月15日(土)風雪

7時の始発バスに乗って、ロープウェイで一飛びに雪山に。どこでもドアのようです。

今年は雪が多い方で、この日の千畳敷は吹雪でまだまだ雪山!の環境。

ホワイトアウト気味の千畳敷を乗越浄土の下まで降りて、雪訓開始〜〜

メニューは、アイゼンなしの下降、滑落停止、スノーバーを使った支点構築など。

吹雪がどんどん強くなり、気温が高くて雨になるかきわどい感じでした。

ロシア付近の低気圧の影響で、この日は天気回復が見込まれないため、昼前に雪訓を切り上げ、先に下山するUTJさんをお見送りにロープウェイ駅まで戻り、正午。

宝剣山荘の幕営地を目指し、ホワイトアウトの千畳敷に再び降りる

が、雪訓を続けるABEパーティのいる地点は全く見えません。

地図を整地してコンパスの方向に進んでいくと、ABEさんたちの姿がぼんやり見えてきてホッとしました。

乗越浄土への沢筋は、午前中に何パーティか登っていましたが、積雪でトレースは消えていました。

宝剣山荘めざして張り切って直登気味に登っていきますが

最後の急登でバテバテ、先頭を代わってもらい…

13時10分、乗越浄土。

一緒に行動していたSGYパーティのメンバーも続々と上がってこられました。

山荘に着くと、なんと小屋が営業しておられ、トイレもお水も利用できることに。

強風の中テントを設営し、1時間くらいかかりました。

気温は比較的高いものの、朝まで強風が続きました。

 

4月16日(日)風雪のち快晴

4時起床、吹雪は止んでない。前夜から積雪が続いていたため、サギダル尾根は中止とし、朝食をとりながら待機しました。

だんだんと風が弱まり、空も晴れてきたので、山荘から宝剣岳を往復することとし、登攀準備開始。

7時10分出発。SGYパーティも、木曽駒をめざして行かれました。

雪は固まっているものの、新雪が溜まっている斜面はおそるおそるのトラバース

フカフカの下がガチガチで足が決まらず、なかなか進まない雪壁

背後に「は〜や〜く〜〜」という無言のプレッシャーを感じながら

7時50分、山頂

SKDリーダーに下降路を選定してもらい、露出している鎖を使って、カラビナスルーと懸垂で下降。

9時、山荘まで無事下山しました。

雪崩を心配していた千畳敷への下降路沢筋も、どんどん人が登ってきていました。

快晴で気温が高く、足裏に雪がつくので尻セードで一気に下降し、

降りたところで、雪訓の続きスタンディングアックスビレーの練習

12時30分のロープウェイで下山しました。

今回の例会では、悪天候における行動・判断など、春合宿に向けて各パーティ非常に良い訓練になったと思います。

雪山に行けば行くほど、日頃の訓練の大切さを感じます。

絶対に滑落しないこと、滑ってしまったらすぐ止めること。

大事な装備を残置しないこと、テント装備のコンディションを確認しておくこと。

基本に戻って、気を引き締めて春山に臨みましょう。

 

 

 

 

(SGYさんパーティのみなさんと)