アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! |  大阪府山岳連盟所属

アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

大峰 芦廼瀬川本流09/08/23

山行期間 2009年8月21日(夜)~23日
メンバー KKD,ICI,WKM,NKZ
山行地域 大峰 芦廼瀬川本流
山行スタイル 沢登り

エメラルドグリーンの水が日差しを浴びて輝く時。
渓流魚たちも踊っているよう。
<

とうとうこの日がやってきました。
芦廼瀬川。
本流遡行の醍醐味を思う存分楽しみました。

8月22日 くもり

8:30 
白谷林道入り口の広場に車をデポして、入渓点の七泰ダムへ。

水の色が違うね。

すぐに七泰の滝が現れる。

淵の奥には槙滝。


       『奔流』              (by KKD)

緑の水にちゃぷ~ん。
いえ、まだまだ。

あまりの美しさに撮影ターイム。


         『エメラルドの淵A』

ずんずん進むと百間嵓が!
おぉっ。

さらに進んでいきます。
ときどき泳いでね。
(気持ちい~い)

えっ?あれっ?
ガーン・・・カメラが動きません。。。
濡れたんだ。。。。。
(なのでここから写真なし。ウー。)
      ↓
(後日、WKM&KKD両氏より写真を提供していただきめでたくアップ)
(ちなみにカメラは帰宅後のドライヤーで完全復活V)

でも、それどころでは、ありません!
いよいよ、
核心『焼嵓淵』へ。

滝は淵のずっと奥に見える。
へつりつつ泳ぐ(つめたーい)。
スラブ滝手前に到着。

おぉっ、滝の釜は水が渦巻いているではないか。
右岸を水流に巻き込まれないように注意深く近づいて登る。

次も釜をもった滝。
今度は左岸だ。
ぬるっと気持ち悪いところを登りきる・・・と、そこに見えたものは!

これはっ!!

これがっ!!

すごいスケールだ。
8M滝。
暗い淵の奥で、テラテラと鈍く光ってる。
フーッ。

先行パーティが取り付いているので、しばし待機。
だいぶ悪戦苦闘している様子。
泳いで近づいてみる。

あー絶対ぬるぬるだー。
がんばっているが、なかなか進まない。
時計を見ると15時を過ぎているので、私たちは少し戻って幕営地を探すことに。
ん?モドル?
モドルっていうことは、もう一度オヨグ?

ガンバリマシタ。
渦巻スラブ滝は、右岸から懸垂で下りることができました。
(ほっ)

も少し下ると砂地発見。
ここを本日の幕営地とし、さっそく焚火をおこす。

うーむ、明日もう一度いけるなんて。
(いいじゃん)
沢の音を聞きながらおやすみなさい。

8月23日 くもりのち晴れ

今日は朝一番から泳ぎであーる。
しっかり食べて、8:10出発。

2度目とはいえ、今日もスラブ滝は渦巻いている。
慎重に慎重に。
冷たいといってられない。

さぁ、8M滝だ!
まずは釜を泳いで、取り付き点まで。
そしてICIさんトライ!
ヌメッといやらしそうでホールドも少なそうな滝を慎重に登っていく。

よしっ。みんなが続く。
ハーケンが数枚打ち込まれていた。

次は落ち口までトラバース。
ていねいにつたっていく。

核心終了。
いやいやスリルありました。

次は十皿。
ここがまた美しいのだ。

左の枝谷からの7M滝がレースのよう。


        『清冽な流れ』

長い渕が緑の水をたたえてる。

きれーい。
ちょっと休憩。

このあともまだまだ続く。
古い吊り橋発見。
だいぶ登ってきたなぁ。

水の色が美しすぎる!


           『エメラルドの淵B』

笠捨谷を過ぎると、狼返しの滝。
ゴーゴー唸ってます。

しばらくすると、堰堤が現れた。
ここで林道に上がることに。
右の枝谷に入っていく。
ここにも堰堤が。
巻きあがるとガードレールが見えた。
おっ。

そして、なんと、道に出たら、そこにはデポ車が!
15:26 ドンピシャで到着。

おつかれさまでしたー。
さすがの芦廼瀬川。
エメラルドグリーンの水にたっぷり癒されました。

みなさんもぜひ訪れてみてください。
もち釣り竿持参で!