アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ!

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

クライミング2 百丈岩6月 23, 2018

山行期間 2018年6月17日
メンバー TGA、NOG、MTU、TRN、BNB、FZN、ICK、KUS、HYS、AMM
山行地域 裏六甲、百丈岩
山行スタイル クライミング

3-1


梅雨に入ってのつかの間の晴れ 早朝は少し涼しく気持ちの良い風が吹く  トイレを済ませ早速岩場に到着  そびえ立つ岩を下から眺め足がすくむ。

今日は3人1組で登る  先に先輩が登り後の2人を引き上げる お互い登る前のチェック ザイルは正しくハーネスに装置されてるか、セカンド、サードのセルフビレイはOK?準備OKの確認をし先輩が登っていく  ビレイするのは新人2人。 以前に山岳会の先輩がリードクライミングのビレイヤーは信頼できる人を選ぶって言ってたのを思いだす。

1

ビレイヤーはトップの安全を守るのはもちろんだか、トップを負担なく登らせてあげることも重要。 安全を気にしすぎてロープがピンピンに張っていてもクライミングに集中できないし、ロープがゆるゆるにたるんでいてももしもの落下時の危険が高い。緊張しながらビレイし、次は自分が登る番。 不慣れな岩登りに四苦八苦していると私のロープが少しづつ引き上がっていく。トップの先輩がタイミング良く引き上げてくれていた、凄い!

3-1

やっとの思いで初めのピッチに辿り着きセルフビレイ、そしてまたトップをビレイしてと徐々に登っていく。フーッと息をつき下を見ると少し膨らんだ岩肌で下の様子はわからない。

「登りまーす!」の声が岩場に響いている。

顔を上げあたりを見ると絶景が広がる、感激!

百丈岩は遭難対策訓練も含めて今回3回目だが実際に登るのは初めて 資料や座学で教えてもらっていたが実践になると頭の中が真っ白でほとんど何も出来なかった。

山岳会の先輩方は経験、知識も豊富で素人の私たちに根気強く教えてくれる。 本当に頭が下がります。4-1

本日はクライミングの魅力と楽しさと次回の課題を知る有意義なそして暑い日でした。

山岳会の先輩方ありがとうございました。

AMM