アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

春合宿 北方稜線 遙か剱岳17/05/05

山行期間 5月3日−5日
メンバー SKD(L), MTU, DTE
山行地域 剱岳周辺
山行スタイル アルパインクライミング


春合宿SKDパーティ、赤谷山から北方稜線に出て剱岳を目指し、最終日には剱岳南壁A2ルートを登る計画でしたが…

5月3日 快晴

午前3時、馬場島駐車場着。3時間の仮眠。

7時20分 赤谷尾根の取り付きを目指して出発。標高740mから。白萩川沿いの林道を、猫又山方面に行って、取水口手前から取り付く。

白萩川の赤谷尾根取り付き
一部雪渓が切れていて渡渉

すさまじい(私にとっては)藪漕ぎが始まる

3泊分の登攀装備は、頑張って減らしたつもりでも18kg超え

全然高度が上がりません

すぐに雪稜に出るだろう

という考えは甘く、1300m付近まで猛烈なブッシュの急登が延々続く。

快適でしょう?楽しいでしょう?と2人はサクサク進んでいくが、私には早くもギブアップかというほど、赤谷尾根は過酷だった

前の2人に20分も遅れ、1440m付近で共装のロープをMTUさんに預かってもらう。

雪稜、藪漕ぎの無限地獄

すでに6時間が経過。やっとブッシュが終わって雪稜は快適に歩けたが、

BV予定地1863ピークに着いたら15時半を回っていた。

一応初日BV 予定地までは来たが、藪漕ぎの激しさと、雪のグサグサさに圧倒された。ここからは藪は無いけど、明日からはこの腐った雪の絶壁を登り降りするのだと思うと、泣きそうだった。いや、泣きました。

天気図と水作り、夕食を終えたらもう20時。やっと寝れる!

富山湾に沈む夕日

5月4日 快晴

3時起床で池の平山ピーク手前コルを目指して出発。

赤谷山ピークへの登りでいきなり雪壁にぶつかり、ロープを出してもらう。

2ピッチのあと雪稜を歩いて、7時20分赤谷山ピーク。

本峰が見えてきました

3時間かかった。

で、やっと北方稜線に出たとこで、ここからなんです。

まだ7時台なのに、雪のグサグサさにはびっくりした。もうちょっと固いと思っていた。

稜線に進むのが、こわかったです。

赤ハゲ、白ハゲ、と雪庇が巨大に発達した稜線を渡ってゆく。

雪庇と岩稜の間にシュルンドが開いているのと、グサグサの雪壁がおそろしい。所々ロープを張ってもらって進んでいくが、遅々として進まず。

大窓への下りへ着いたのが、12時半。ここまでで8時間!も使ってしまい、かなり遅れ気味

大窓にテントを張っているパーティが見えた。大窓まで1時間くらいで降りれるかな?と思って懸垂を始めるが、これも甘かった。

50mロープ2本、捨て縄2本で3ピッチ。私がクライムダウンできていたら、もうちょっと早く抜けられたかもしれない。でも緊張のトラバース続きでヘロヘロだった

大窓に降りたら15時。ここで泊まります、とリーダー。

目の前にそびえる池の平山に登ってから、その先のコルで泊まるのが、今日の行程のはずだった。

ここから核心が始まるというのに、このペースだと明日は三ノ窓にも届きそうにない。

明後日は、風雨の予想。

明日三ノ窓まで行けた場合でも、池ノ谷ガリーを雨の中通過するというかなり厳しい状況になる可能性が高い。

私が一緒ではとても突っ込むことはできない。

撤退の話し合い。

大窓で先に幕営されていたパーティは、馬場島から大窓に詰め上がる中仙人谷を登ってこられたとのこと。

大窓から中仙人谷

リーダーがそのパーティに話を聞き、少し偵察の上、雪渓が下まで繋がっていること、ロープを出さずに下降できそうなことを確認した。

中仙人谷はエスケープルートに入れていなかったため、携帯の電波もあったので、下山連絡先に報告。翌朝の下山を決定。

5月5日 快晴

3時起床。雪が少しでも固いうちに、落石に注意しながら。

心配していた上部の雪渓は、ロープなしで下降できた。

下降するにつれて雪がゆるんで、シュルンドが大きくなり、だんだんと真ん中が切れてきて、最後は両岸に残った雪渓を渡っていく格好になってきた。

川がごうごうと流れる雪渓の岸を歩くのが上部よりもこわかった

3時間ノンストップで馬場島まで下山した。

雪渓が繋がっていて本当に助かった。

大窓での情報が無ければ引き返してブナクラ谷を下降することになったが、大窓からの登り返しを考えると長い長いエスケープになっていたと思う。

〜〜〜〜

今回の合宿では、

春の北方稜線を剱まで全装備で登攀する歩荷力と雪上技術が自分には足りていなかったこと、足りていないことが赤谷尾根に取り付くまで分かっていなかった

ということが分かった。

装備を担ぎきれず、ペースも上がらず、敗退という結果になり先輩方に申し訳ない気持ちですが、歩荷力と適切な判断で無事下山させていただいたことに感謝の気持ちもいっぱいです。

一日中ドカンドカンという主に池ノ谷からの雪崩の音を聞きながら二日間、剱を目指して猛烈ブッシュと雪の絶壁を歩いてみて、剱は近くに見えて本当に遠かったです。

自分の課題がよく分かったので、今回の経験を糧としてトレーニングしていきたいです。

 

行動記録
20170503
0730 馬場島
1330 赤谷尾根1440m
1535 赤谷尾根1836mBV

0504
0445 BV
0720 赤谷山
0920赤ハゲ
1100 白ハゲ
1230 大窓下降地点(懸垂)
1500 大窓BV

0505
0450 BV
0800馬場島