アルパインクライミングを目指す泉州山岳会へようこそ! 大阪府山岳連盟所属

ホームリンクサイトマップ
入会募集中
泉州山岳会とは山行記録イベント

会員限定

山行スケジュール役立つ資料の共有EPE

空木岳17/03/21

山行期間 2017年3月18日ー20日
メンバー DTE, NGS, MTU
山行地域 中央アルプス
山行スタイル 雪山登山


駒ヶ根の空木岳登山口は、林道終点まで車で入れれば1時間以上楽できたのですが、残念ながら林道途中の古城公園のゲートはまだ冬季閉鎖中。

車で林道をどこまで登れるかもわからないので、おとなしく駒ヶ根高原スキー場からスタート。

3月18日

快晴の予報。6時45分、駒ヶ根高原スキー場登山口を出発。スキー場は営業してますが、登山口に雪はなし。

装備に念のため入れていたワカンは、悩んだ末デポに決めました。

8時林道終点。

朝一の登りで、まだ出発点に着いたところ。

8時50分池山分岐。ここまでくると雪があるが、まだ歩ける。沢筋の方にしっかり道があるので、そちらに進む。

9時50分池山避難小屋。

 

 

 

 

 

 

 

水場を探す。見つからず。地図を見て正直、まだここか…という気持ちになる。

この辺から雪が深くなるが、先行者がいる様子。トレースに沿って尾根にのる。

11時マセナギ。

 

 

 

 

 

 

 

 

初日に駒峰ヒュッテ(空木岳山頂直下)はやはり、甘かった…と思えてくる。

2080のピークを越えて、いよいよ大地獄・小地獄と呼ばれる2282のピークを持つ藪山が前に。大地獄ってまだかー!と思って歩いていると、先行者が引き返してきた。

その日単独で小地獄手前までトレースをつけてくれていたその人だった。

小地獄のトラバースで敗退してきたとのこと。

今回空木岳まで行けたのは、その人と好天のおかげである(涙)

正午。大地獄の通過。

 

 

 

 

 

 

 

 

梯子やクサリは部分的に出ているが、ルートはどんどん急で狭くなり、下降が思いやられた。下りはロープお願いするかも…とNGSさんに言っておく。

共装のほぼ全部を担いでもらったにもかかわらず、MTUさんにどんどん引き離されながら、14時に小地獄手前。休憩しながらロープを出す準備。

また一人、後続で単独の登山者がやってくるが、日帰り装備とのことで引き返していかれた。

目の前には、2282に直登するワカンのトレースと、そこで敗退した先行者が数メートルつけたトラバースのトレースがあり、

どっちを選ぶか…。直登して上の岩場がどうなっているかわからないので、時間をかけてもロープを出しながらトラバースに決めた。

トレースの無い斜面のトラバース、一歩踏みぬくと谷底まで…。MTUさん・NGSさんにつるべでリードしてもらい、私はフィックスで通過させてもらうこと、5ピッチ。日が落ちてきて雪がちらついて、このまま日没になったらどうするか、心配になってきた。

最後のピッチだけ、トラバースではなく上の岩場沿いに直登、が正解だったが、2282をなんとかかんとか渡りきって、16時。コルに出た!

やった!寝れる!そして、南駒ケ岳なんて無理だ>_<と思った。

明日は、空木岳より先には進めません。すみませんm(_ _)mと宣言して就寝。

3月19日

予報どおりの快晴。

小地獄・大地獄下降が気にかかるので、下山開始リミットを11時30分、池山小屋まで下山することと決めて、空木岳を目指し6時45分出発。

テントはたたんでデポさせてもらった。

尾根に上がると、下の方より雪が硬くてまだ歩きやすかった。雪庇の方を歩かないように注意をうける。

 

 

 

 

 

 

 

 

尾根に上がってから空木平避難小屋分岐くらいまでは、テント適地がたくさんある。初日にここまで来れていたら。

ラッセルというほどではないが、ここ最近のトレースはやはりなかった。空木岳が目の前に大きく見えてきて、希望がわいてきた。前回MTUさんが来た際に引き返した地点まで到着。時間はまだあるので前進。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駒石が見えてきたあたりで休憩していると、後続の2人パーティが追いついて、昨日は大地獄手前で泊まったとのこと。

小地獄の突破は苦労されたでしょう、ここからはラッセルさせていただきますよ

と言って進んでいかれた。はいお願いします\(^o^)/

9時に駒石。冬はやはり避難小屋の方のカールに降りている人は、あまりいなそうだった。

空木岳に突っ込んでいくMTUさんにどんどん引き離され

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

稜線は風がかなり強くなり、盛り上がってきました。

9時40分駒峰ヒュッテ。

 

 

 

 

 

 

 

 

10時空木岳山頂。

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

はるか南駒ケ岳方面と宝剣・千畳敷方面。

計画上は初日に駒峰ヒュッテに泊まることになっていたが、へとへとでたどり着いて硬く雪に埋まっている扉を強風の中掘り出そうなんて、背伸びの計画だった。

まだまだ修行が足りません。

というわけで、11時45分にビバーク地点まで下山。荷物を撤収して、14時50分池山小屋まで下山した。

心配していた下降路は、後続で3人パーティが登ってこられたのもあって、よく踏みかためられてロープなしでなんとか…。

高度が下がるにつれ、一歩でアイゼンに満タンの雪がつくようになる。アイゼンを外したら程なく池山小屋に着いた。

数えてみると、われわれを含めて3連休に入っていたのは、計6パーティになっていた。

池山小屋では途中で追い越された2人パーティと一緒になった。行きに探して見つからなかった水場はなんと目の前にあったのだった。

快適な避難小屋で計画の半分失敗半分成功を祝って帰ってきました。

慣れた人には難しくないルートで、快晴の3連休という最高の条件でしたが、私にとっは雪と格闘した3日間でした。同行したお二人の先輩と、ルームでいただいた先輩方のアドバイスのおかげで、無事帰ってこれました。

来季は縦走できるような体力と技術を身につけられるようにがんばりたいです。

 

(行動記録)

20170318
0645 駒ヶ根高原スキー場P
0800 林道終点
0850 池山分岐
0950 池山小屋
1100 マセナギ
1200 大地獄
1400 小地獄
1600 BV(2282先コル)

0319
0645 BV地点
0900 駒石
0940 駒峰ヒュッテ
1000 空木岳
1145 BV地点
1450 池山小屋

0320
0700 池山小屋
0830 駒ヶ根高原スキー場P